「ほっ」と。キャンペーン

カテゴリ:太陽と月について( 3 )

太陽についてのおぼえがき

自分のお勉強用にめもめも。

光り輝くもの・古代文明における神
中心(生命の樹でいうと、中央のティファレト)
統合
意識的
父の姿
夫の姿(太陽意識を自発的に使わない女性は、太陽を夫に投影しがち)
公的な立場
生命
権威
プライド
人生を創造する力
向上心
太陽星座占いは、それで全てを見るには限界があるが、それでもなお、自分自身で価値を創造しながら生きている人には、指標となる。
特に、太陽に対する、木星・土星の社会的天体のコンタクトは、チャンスを広げる・チャンスを形にする時期をしめす。

人間は、太陽星座に生まれるのではない、太陽星座になるのだ

太陽と関わりのある植物
アンジェリカ、ベンゾイン、ベルガモット、カレンデュラ、シナモン、フランキンセンス、グレープフルーツ、ヘリクリサム、ジャスミン、マンダリン、ミルラ、オレンジ、ローズマリー、セントジョーンズワートなど。
(パトリシア・デーヴィスのアロマテラピー占星術 東京堂出版 参照)

発達年齢域
月(0歳~7歳)
周囲の影響を吸収して、生活の基礎をつくる。
水星(8歳~15歳)
知恵の発達、言葉によるコミュニケーション能力を育成する
金星(16歳~25歳)
感受性を育成する。感覚的な楽しみを味わう能力。情感や官能。
太陽(26歳~35歳)
人生を創造する力。目的意識。

太陽の年齢域である29歳前後でサターンリターンをむかえ、それ以降は、自分の価値を自分で形成しなければならなくなる。

十牛図との対応では第三図:見牛
牛そのものを見つける
[PR]
by astrologer-thalia | 2008-03-18 17:22 | 太陽と月について

月についてのめもめも

自分のお勉強用にめもめも。
月という天体の象徴するもの

感情
素の自分(キャラクター)
気の体(オーラ)
生活
模倣
繰り返し
個体としての安全意識
母の姿
妻の姿(男性は妻に月の役割を投影しがち)
子ども

親として、子どもに接する時の態度
(安全意識を刷り込む。どんな状態が安全だと思うか。子どもに何を模倣させようとするか。そして子どもは親の言ったようには育たず、親のやったように育ってしまいがち…というのも、月が関係してくるのだろうか)

素の自分に戻れる時がないと、人間破綻します。
(月のキャラクターとしての自分は、あるべき自分とかなり違うものではありますが、低い自分も認めて統合しないと、統一体としての自分が保持できなくなります)
[PR]
by astrologer-thalia | 2008-03-16 19:06 | 太陽と月について

太陽と月

ここのところ太陽と月の組み合わせにはまっているのは理由があります。

太陽と月の組み合わせって、タロットカードでいうと節制、錬金術なんですよね。
どうやって錬金術的な発想になるのかは、ちょっと模索しているところなんですけど。

そして、実占いでも、ネイタル(出生図)読みは、ここから入って、枝葉をつけてゆく読みかたをすると、その方のメインテーマを外さずに読むことができるように思います。

太陽と月の組み合わせ144パターン。
実は、これだけで一冊本が書けるくらいなのです。

月と太陽でわかる性格事典
チャールズ&スージー・ハーヴェイ共著 鏡リュウジ監訳
ソニー・マガジンズ

占星術に興味はあるけど、いきなり10天体?12ハウス??アスペクト???
という方は、ここから入るのも一つの方法かも。
太陽と月のサインの組み合わせ、10天体中2天体を使って、ここまで詳細に読めるのです。
太陽は公の私/月は私的なワタシ。
太陽と月の重要性は単なる10分の1+10分の1=10分の2ではないですからね。

あるいは、太陽と月の組み合わせしか見ないよ占いというのもアリかも。
サインだけでなく、ハウスとアスペクトを組み合わせれば、もっとバリエーションできるしね!!
[PR]
by astrologer-thalia | 2008-03-14 05:49 | 太陽と月について