「ほっ」と。キャンペーン

<   2008年 12月 ( 3 )   > この月の画像一覧

月のサイクルでみる1月26日~2月24日

周期性をもった動きは様々ですが、なかでも月のサイクルはダイレクトに人間の心や体に働きかける動きです。
月のサイクルを意識する生活で、ツキのある生活!を目指しませんか?

基本的に
新月~満月にかけては、新しいこと、増やすことにツキがあり
満月~次の新月にかけては、終わらせてゆくこと、減らすことにツキがあります。
2009年1月26日~2月24日にかけてのサイクルを書いてみましたので、生活リズムのご参考になさってください。

新月とは、太陽の意志を月に伝達すること。
その後の月のサイクルは、月のあらわす肉体や心理など現実的でなまなましいファクターを通して地上で太陽の意志を実現してゆくという過程。
月は感じる天体。イメージ力。
月が外界の様々な印象を拾って再び太陽と出会うのが次の新月ですが、そのときの太陽は以前の太陽ではなく、進歩した太陽であることに注目です。そして、以前より進歩した太陽から月に対して、新しい意志の伝達がなされるのが、新月から新月へのらせん状の進化の動きなのです。

今回の新月・満月は日食・月食と重なるので、つけたしの記述。
日食・月食の時には、ドラゴンヘッド・テイルという集合無意識との接点にアクセスするので、揺れやすい。その時の気分で思いつきで動くのはあまりお勧めできないけれど、大きなソースと自分の生き方の同期をとるので、シンクロ現象が起こりやすい時期です。

このように、日食・月食には、揺れることがあるかもとか書くと……
非常にナーバスになる方がおられるのですが
理由がわかれば、かえって落ち着いて行動しやすいと考えているので、あえて書いています。揺れない方はそれでヨシ!なのです。


1月26日~2月24日の間の新月/満月

新月(金環日食)  1月26日 月曜日 16時55分
太陽・月 水瓶座07度「卵から生まれた子ども」

満月(部分月食)  2月9日 月曜日 23時49分
太陽 水瓶座21度「絶望し幻滅した女」
月 獅子座21度「中毒した鶏」


☆新月のお願いパワーアップ☆
わたしは、新月のお願いをするとき、手持ちの天然石をいくつか集合させて、石ちゃんたちに向かってお願い事をつぶやいています。
お願いの数は10個程度までにしています。
お願い事を、一瞬ぎゅーっと意識して、手放す!という過程が新月のお願いのコツみたいよ。

クリスタルの叡智 ワークショップで小耳に入れたお願いテク。
☆横書きでなく、縦書きで。
☆筆ペンを使いましょう。
上から下へ、スムースに流れるようにということのようです。
新月のお願いだけでなく、お願い事ノート一般に使えるテクですね。


1月26日(月)~1月29日(木)にかけては、新月の期間。
予兆のようなものに突き動かされ、思いつきで行動してしまいやすいけれど、それもまた一興。色々試してみましょう!!新しいものを使い始めるのによい時期です。

新月(金環日食)  1月26日 月曜日 16時55分
太陽・月 水瓶座07度「卵から生まれた子ども」

※今回の新月は、日食と重なります。精神的な揺れ動きを体感される方が多くなる可能性があります。
新月直後、思いつきですぐに現実的な新しいことに着手されるのは見合わせられた方が無難です。ご自分の内面とよく対話されて、ゆれやブレが少ないことを確認してから現実的なアクションをおすすめします。
但し、瞑想・ワークショップなどについては、変容を促す、マジカルでパワフルな期間となりそうですので有効活用してくださいね。


1月30日(金)~2月2日(月)にかけては、種まきの期間。
好奇心いっぱい。多彩な情報がもたらされます。元気にあれこれ可能性を広げてみたくなります。取捨選択することは後でもできるので、この時期は、結果よりも、チャレンジを楽しみましょう。


2月3日(火)~2月6日(金)にかけては、選択と発展の期間。
上弦の月をこえて、月の明るさがますます増して行く段階に入りました。様々な可能性のうちのいくつかを選び取り、それを育成してゆくことに意識をむけるときです。成長株をしっかり育てましょう。


2月7日(土)~2月9日(月)にかけては、他者への働きかけの期間。
満月を目前にして、輝かしい自己をイメージしましょう。自己表現力、演出力も冴えています。上手な他者へのアピール方法を考えましょう。美容やファッションセンスへの関心も高まる時。

※今回の満月は、月食と重なります。月食についても先に日食について書いたように、精神的な揺れ動きを体感される方が多くなる可能性があります。そして、月が欠けるという現象なので、具体的な影響は、肉体や感情、日々の生活といった月が管轄する場面で出てきやすいでしょう。

満月(部分月食)  2月9日 月曜日 23時49分
太陽 水瓶座21度「絶望し幻滅した女」
月 獅子座21度「中毒した鶏」

2月10日(火)~2月12日(木)にかけては、プランの練り直しの期間。
満月・月が最も輝く時。自信に満ちあふれると同時に、自己を客観的する余裕も出てきます。新月のお願い事の進捗状況をみながら、これからの過ごし方を見直しましょう。


2月13日(金)~2月16日(月)にかけては、放出してゆく期間。
新月から今までの間に自分が得てきたものを社会や周囲に還元することを意識し、現実社会へフィードバックを試みるとき。多角的なものの見方を統合化できるときでもあります。集中力を発揮して、仕事の完成度を高めましょう。


2月17日(火)~2月20日(金)にかけては、未来を思う期間。
個人としての満足よりも、より大きなもののために働きたくなる時。今はまだ漠然とした希望でしかない未来イメージに思いをはせるのもよい時。何かを捨てることが、より大きな可能性を開くこともあります。


2月21日(土)~2月24日(火)にかけては、溶解していく期間。
テンションは低めですが、これもまた必要なこと。穏やかにゆったりペースで過ごしましょう。リラックスしてエネルギーチャージを心がけたい時。デトックスやお掃除には最適。


参考文献
完全マスター西洋占星術 松村潔 説話社
ムーン・カレンダー 高橋徹 VOICE
Sundari Vol.3 特集 月に願いを

あとは、今までの体感や直感を加味して書いています。
[PR]
by astrologer-thalia | 2008-12-05 09:41 | 月のサイクル

2009年の水星逆行

あっちのブログに過去に書いた文章を2009年用に手直ししてアップ。

新しい手帳はご用意されましたか?
気になる方は逆行の時期をチェックしておいてくださいね。


ちなみに
あっちのブログってこれです。

天体のアート☆Thalia 星のおもしろ草子☆

で。
水星逆行。
この言葉も一般的になってきたようで、占星術コラム以外の場所でもお見かけするようになりました。

水星逆行による影響がこんなに言われるということは
逆説的に言うと、現代人の生活がいかにアクシデントに弱いかということのあらわれかと思うのだけど。
最大効率のよさを追求するということはそういうことなんだね。

天文現象ですから、水星の逆行も毎年3回くらいはあるものなのです。


2009年の水星逆行データ

1月12日~2月1日 水星水瓶座・水星山羊座
(1月12日~1月21日 水星水瓶座 1月21日~2月1日 水星山羊座)

5月7日~5月31日 水星双子座・水星牡牛座
(5月7日~5月14日 水星双子座 5月14日~5月31日 水星牡牛座)

9月7日~9月29日 水星天秤座・水星乙女座
(9月7日~9月18日 水星天秤座 9月18日~9月29日 水星乙女座)

2009年12月26日~2010年1月16日 水星山羊座


2009年の1月、5月、9月の水星逆行は風のサインと土のサインの間で逆行が起こります。

風のサイン(双子座・天秤座・水瓶座)の間で逆行が発生している間は
知性やコミュニケーション、情報流通分野の行き違いなどに特に気をつけましょう。

土のサイン(牡牛座・乙女座・山羊座)の間で逆行が発生している間は
お金やモノ、仕事についての情報伝達や、計算間違い、見込み違いなどに特に気をつけましょう。


逆行とは、地球上のみかけの動きとして、通常の運行である「順行」」とは反対方向へ移動する現象のことをいいます。太陽と月以外の天体はすべて周期的に逆行します。

中でも、水星の逆行現象が一番有名。
水星が意味するもの=思考、情報、コミュニケーション、伝達、交通、通信関係、パソコンなどについて
スムースにゆかない、面倒なことに……
というイメージばかりが先行してしまってるのですが、使いようかも、です。


個人としてできる対応策

水星逆行に入る前に
パソコンのバックアップをやっておく

水星逆行に入ったら
時間に余裕見て行動する
新しい契約や大きなお買い物は慎重に又は水星が順行に戻ってからの方が無難


この時期を利用するという発想はないか?

逆行という動きは、過去をみるということ。
前に前に早く進みたい人にはアクシデントだけど、
見直したい人、深い意識を感じたい人にはチャンス。

水星逆行を利用して、過去の記憶の書き換え=おえかきで描き換えセラピーをされている方もいらっしゃいます。

COROE 遠藤洋子の日記。

水星逆行おえかきのご案内が出ています


インナーチャイルドセラピーや過去生回帰なども効果的かも。

自分の信念体系を書き換えるとかもアリか。

あるいは
水星逆行のよくある現象として
懐かしい方との意図しない再会があります。
それを逆用して、お久しぶりの方に連絡をとってみる。
これも楽しいイベントになるね。


2009年に発生する水星のエレメントにフォーカスしてみると

風のサインでの逆行の時期は
自分の思考パターンを見直すのによさそうです。
あるいは、情報を収集する手段のみなおし。

土のサインでの逆行の時期は
自分のお金やモノに対するパターンや思い込みを外すのに使えるかもしれません。
仕事のやり方のパターンを変えるとか。



そもそも、何で逆行という現象があるんだろう?
あくまで個人的な仮説なのですが、逆行とは、調整や安定化のためのシステムなのではなかろうか。
人間は、三次元的な肉体を持った存在であるので、意識としてはわかっていても、心と体が天体のリズムについてゆかない場面も多い。そこで、宇宙リズムとなじむために、定期的に天体が後戻りして、見直しして納得させている。

と、結構デンパなことを思いついてしまったのであるが、

参考のために
完全マスター西洋占星術 松村潔著 説話社
石塚隆一氏のコラム「逆行について」を読んでいて、そう思ったのである。

引用開始
見かけの動きは逆行していますが、それぞれの天体が太陽の周りを回る公転が逆方向に動くことはありません。つまり、地球上の出来事にとっては、後退するかのように見えるものでも、太陽系全体の視点から見れば必ず何らかの形で
精神的成長につながっているものなのです。
引用終了
[PR]
by astrologer-thalia | 2008-12-04 21:01 | 天体模様

月のサイクルでみる2008年12月27日~2009年1月25日

周期性をもった動きは様々ですが、なかでも月のサイクルはダイレクトに人間の心や体に働きかける動きです。
月のサイクルを意識する生活で、ツキのある生活!を目指しませんか?

基本的に
新月~満月にかけては、新しいこと、増やすことにツキがあり
満月~次の新月にかけては、終わらせてゆくこと、減らすことにツキがあります。
2008年12月27日~2009年1月25日にかけてのサイクルを書いてみましたので、生活リズムのご参考になさってください。

新月とは、太陽の意志を月に伝達すること。
その後の月のサイクルは、月のあらわす肉体や心理など現実的でなまなましいファクターを通して地上で太陽の意志を実現してゆくという過程。
月は感じる天体。イメージ力。
月が外界の様々な印象を拾って再び太陽と出会うのが次の新月ですが、そのときの太陽は以前の太陽ではなく、進歩した太陽であることに注目です。そして、以前より進歩した太陽から月に対して、新しい意志の伝達がなされるのが、新月から新月へのらせん状の進化の動きなのです。

2008年12月27日~2009年1月25日の間の新月/満月
新月 12月27日 土曜日 21時22分 太陽・月 山羊座07度「力のあるベールに隠れた予言者」
満月  1月11日 日曜日 12時26分 太陽 山羊座22度「敗北を優美に認める将軍」
月 蟹座22度「ヨットを待つ女」



☆新月のお願いパワーアップ☆
わたしは、新月のお願いをするとき、手持ちの天然石をいくつか集合させて、石ちゃんたちに向かってお願い事をつぶやいています。
お願いの数は10個程度までにしています。
お願い事を、一瞬ぎゅーっと意識して、手放す!という過程が新月のお願いのコツみたいよ。

クリスタルの叡智 ワークショップで小耳に入れたお願いテクをシェア。
☆横書きでなく、縦書きで。
☆筆ペンを使いましょう。
上から下へ、スムースに流れるようにということのようです。
新月のお願いだけでなく、お願い事ノート一般に使えるテクですね。


12月27日(土)~12月31日(火)にかけては、新月の期間。
予兆のようなものに突き動かされ、思いつきで行動してしまいやすいけれど、それもまた一興。色々試してみましょう!!新しいものを使い始めるのによい時期です。


1月1日(木)~1月4日(日)にかけては、種まきの期間。
好奇心いっぱい。多彩な情報がもたらされます。元気にあれこれ可能性を広げてみたくなります。取捨選択することは後でもできるので、この時期は、結果よりも、チャレンジを楽しみましょう。


1月5日(月)~1月7日(水)にかけては、選択と発展の期間。
上弦の月をこえて、月の明るさがますます増して行く段階に入りました。様々な可能性のうちのいくつかを選び取り、それを育成してゆくことに意識をむけるときです。成長株をしっかり育てましょう。


1月8日(木)~1月10日(土)にかけては、他者への働きかけの期間。
満月を目前にして、輝かしい自己をイメージしましょう。自己表現力、演出力も冴えています。上手な他者へのアピール方法を考えましょう。美容やファッションセンスへの関心も高まる時。


1月11日(日)~1月14日(水)にかけては、プランの練り直しの期間。
満月・月が最も輝く時。自信に満ちあふれると同時に、自己を客観的する余裕も出てきます。新月のお願い事の進捗状況をみながら、これからの過ごし方を見直しましょう。


1月15日(木)から1月17日(土)にかけては、放出してゆく期間。
新月から今までの間に自分が得てきたものを社会や周囲に還元することを意識し、現実社会へフィードバックを試みるとき。多角的なものの見方を統合化できるときでもあります。集中力を発揮して、仕事の完成度を高めましょう。


1月18日(日)から1月21日(水)にかけては、未来を思う期間。
個人としての満足よりも、より大きなもののために働きたくなる時。今はまだ漠然とした希望でしかない未来イメージに思いをはせるのもよい時。何かを捨てることが、より大きな可能性を開くこともあります。


1月22日(木)から1月25日(日)にかけては、溶解していく期間。
テンションは低めですが、これもまた必要なこと。穏やかにゆったりペースで過ごしましょう。リラックスしてエネルギーチャージを心がけたい時。デトックスやお掃除には最適。


参考文献
完全マスター西洋占星術 松村潔 説話社
ムーン・カレンダー 高橋徹 VOICE
Sundari Vol.3 特集 月に願いを

あとは、今までの体感や直感を加味して書いています。
[PR]
by astrologer-thalia | 2008-12-04 10:31 | 月のサイクル