「ほっ」と。キャンペーン

<   2009年 01月 ( 2 )   > この月の画像一覧

2009年 水瓶座木星の幸運の流れに乗る!11のポイント(解説つき)

本家ブログでは何回かにわけて掲載したものですが
こちらではまとめて一挙掲載。
すっごく長くなっちゃってごめん。

本家ブログ、コレね。
天体のアート☆Thalia 星のおもしろ草子☆

参考文献:完全マスター西洋占星術 松村潔 説話社


01、空間的な価値観から開放されて、共時性と共鳴して生きる人になる

水瓶座は山羊座の次のサインであることに注目です。
山羊座の意味する「今、ここ」という現場意識は、
ローカルな場の価値観に縛られて成立するような性質のもの。
そして、水瓶座はポスト山羊座のサインですから
ローカルな場の価値観を越えて、どこでも通用するような普遍的な価値観を探そうとするんですね。
狭い地域の常識は、もっと広い地域から見ると非常識であることもある。
また
山羊座の意味する地という物質性から自由になり
水瓶座の意味する風という知性や流通性に移るということは
空間的な差異を気にしなくなるということでもあります。
水瓶座が大切にする原理は共時性。
空間を隔てている地域でも、時間的に共鳴する意識をあらわします。


02、みんなと夢(未来ビジョン)を共有する人になる

水瓶座は、11番目のサイン。
11という数字には、10へのうっちゃりや反抗心が込められている。
あるいは、11=オルタナティブという表現をしてもいいか。
10番目のサインである山羊座で、社会的なところは一応まとまるんだけど
山羊座の象徴する「今、ここの社会システム」の中で解決できないことはいっぱいある。
来るべき社会にむかって、夢(未来ビジョン)を結集してゆくのが11番目のサインである水瓶座。
夢というなら獅子座もそうだけど
獅子座は牡羊座~乙女座にかけての個人の育成のプロセスにあるサインなので、個人的に展開される。
天秤座~魚座にかけての社会性の育成のプロセスの中にある水瓶座では、みんなと見る夢(未来ビジョン)としてそれは展開される。


03、信念のある人になる

固定サインというのは何かをしっかり握っているサイン。
牡牛座ならお金や物質(地)、獅子座なら自分の情熱(火)、蠍座なら人との繋がり(水)
水瓶座なら信念(風)。
2009年、あなたの信念をしっかり握り締め、流れに乗りましょう。
だから、付和雷同や烏合はナシって思うのです。
あなたの信念とわたしの信念
違いがあっても、認められる。そんな間柄のおつきあいが2009年のスタイル。


04、360度全方位外交できる人になる

先に触れた
>空間的な差異を気にしなくなるということでもあります。
>水瓶座が大切にする原理は共時性。
>空間を隔てている地域でも、時間的に共鳴する意識をあらわします。

ということは
肩書き、社会的地位、年齢、性別といった身体性に根ざした個人としての空間的な要素も意味が薄くなるということ。

2009年、人と人のおつきあいにおいては、
その人がどのような肩書きや社会的立場を持っている人であるかに関係なく
人間としての魅力をまっすぐに見ること
その人とは夢を共有できる仲間であるかが大切なポイントとなります。

偏見や思い込みをクリアにして
色々な人と交流してみましょう。
思いもよらない可能性が開くかもしれません。



05、自分なりのおつきあいリテラシーがある人になる

水瓶座は風のサイン。
風はひとところにとどまることなく、流通していきます。

水瓶座木星入りに伴い、交友関係が広がる人が増える気配。
特に
情報産業、コンピュータ、携帯やメールなどの電気・電波の領域のメディア関係は水瓶座の得意とするところなので、そういった領域でのお付き合いが爆発的に広がるでしょう。
2009年は水瓶座で木星と海王星が3回合を形成することも
拡大傾向に拍車をかけます。

拡大することそのものはよいのですが
人間は三次元に生きる存在なので
物事の優先順位とか、諸般の事情とかもあるわけですよ。
お付き合いも全部が全部はやってられんぞなもし。

そして山羊座には会社内ルールや前例がしっかりあったので、それに従えばすむ話だったけれど
山羊座への問題意識を内包する水瓶座においては
単に決まりだからとか、前例だからというだけではそれにのることはできません
逆に言うと
だからこそ
水瓶座木星の流れに乗りつつ、自分の生活秩序を維持するためには
自分なりのルール意識が重要になってくるのです。


06、持たない生活を実践する人になる

水瓶座は非・私的所有のサイン、みんなと共有するサインであると言われています。

ものを私有する喜びというものは、確かにあるので、不自然になるまでやる必要はないのだけど
この時期、シンプルに持たない生活ということを試してみるのも面白そう
また、そういうスタイルに注目が集まります。

持たない=貧乏、間に合わせで済ます
なのではなく
持たないということに、積極的な意味を付与してもよいでしょう。

所有権というものは、物に対する万能の権利だとされているけれど
所有権だって、実際上の運営においては、永久不滅というわけにはいかないのであろうから
賃借権か所有権の差というものは、相対的なもののように感じています
(法律上はもっと色々な差異があるのでしょうが、物質的感覚として)。

この世に存在する、すべては借り物、仮の物なのかもしれません。


07、シェアできる人になる

先に書いた
>06、持たない生活を実践する人になる
>水瓶座は非・私的所有のサイン、みんなと共有するサインであると言われています。
とも関連することですが
水瓶座は、物離れのよいサインなのですね。

2009年は、シェアできることが一つのポイントになります。

ある映画で、おしゃれだけど金銭的にはこれからの女の子が
仲間内でバッグを共有するという素敵なシェアのアイディアがあったな。
こういうことを公平にしてゆくのも知恵のいるところだけど
考えてみるのは楽しいね。

あ。
シェアってゆってもね
愚痴のシェアとか人の悪口のシェアとかはなしよ(爆)。
シェアされてみんなが喜びそうなもののシェアでお願いしますね。

物だけでなくて
自分の知恵や情報のシェアという形もありですよ。


08、ひとりを楽しめる人になる

水瓶座の支配星の天王星は、独立という意味があります。
わたしの周囲の水瓶座が強い人を観察していても
マイペースでひとりの時間を大切にしている人が多いです
あるいは
ひとりを楽しめる人だからこそ
仲間との絆を楽しめるのかもしれませんね


09、夢に投資できる人になる

02、みんなと夢(未来ビジョン)を共有する人になる
で触れたことと関連するのですが
その現実的なあらわれの一形態としての投資です。

2009年は、是非、夢に投資してみましょう。
水瓶座の象徴する「みんなの夢」の実現のために、あなたにできることを実践してみましょう。

投資とは、お金だけを意味しません。
あなたが納得する形で、エネルギーが流れることになって、しかも注ぎ込んだ先のためになるような形式であればよいのです。

寄付行為をする
NPO・NGO団体に所属してみる
活動を支えるために行動する
自分で集まりを主宰してみる
などなど、形はさまざまです。

今の社会の中で、こうなったらいいのにと思うことはありませんか?
それを実践しているところへ
あなたの夢を信託できるところへ
まずは、エネルギーを注いでみましょう。


10、その意気やよし!だがしかし、その情熱は現実逃避ではないのかという自問自答も時には必要

わたしがチャートを読む時に比較的重視しているのは
チャートの中のコントラストです

2009年の星の動きでいうと
水瓶座の木星・海王星の合の超・理想主義グループ
木星側は理想主義

乙女座土星・魚座天王星のオポジションの無駄を省く現実主義
天秤座土星・山羊座冥王星のど根性主義
土星側はどちらに転んでもシビアな現実をつきつけてくる
このコントラストがなかなか曲者かもしれないと
わたしは思っています。

現実が厳しすぎるので
理想主義を逃避ルートに使う流れが出てくるかもねと
ちょっとだけ危惧しています
まあ
杞憂だと思いますが。

現実を見て
それでも!!それだからこそ!!
やるだす。
地道に、今の自分にできることを。
と、現実を変えるために理想に燃えるのはよいのだ。
そして2009年の
木星と土星のコントラストは
そのように使うと最も効果的でありましょう。

その意味も込めて
「その意気やよし!だがしかし、その情熱は現実逃避ではないのかという自問自答も時には必要」
という項目を作りました。
老婆心やねえ(爆)。


11、メリハリをつけた生活のできる人になる

先の
>水瓶座の木星・海王星の合の超・理想主義グループ
>木星側は理想主義

>乙女座土星・魚座天王星のオポジションの無駄を省く現実主義
>天秤座土星・山羊座冥王星のど根性主義
>土星側はどちらに転んでもシビアな現実をつきつけてくる

このコントラストは

どこまでも拡張してゆくフィールド(木星側)
無駄を省いて、身軽になるべきところ(土星側)
の対比ともいえます

エネルギーをおしげもなく注ぎこむところと
ロスを少なくすべく、省エネでゆくところ(そのためには、思い切った手放しやシステム再構築もやむをえない処置かもしれません)

その対比
いわばメリハリを個人の生活レベルでも体現してみると
2009年の流れに乗りやすいのではないかと思います。




一年単位での世の中の流れは
木星があるサインでみるとわかりやすいので
10天体あるうち、水瓶座木星という部分に特に注目して書いてみました。


おまけでつぶやく。
水瓶座がユニークといわれることは
今、ここの社会の中では異端かもしれないけれど
もっと広い世界では、こちらの方が普遍的だ
という思いが基本的にあるのですね。


ある国の常識が
他の国では非常識
ということはよくあることです


常識という言葉で思考停止するのでなく
時には
常識さえ、つっこんでみる
という姿勢も
水瓶座に木星が入る2009年
必要なのかもしれません。
[PR]
by astrologer-thalia | 2009-01-08 13:57 | 天体模様

2009年 水瓶座木星の幸運の流れに乗る!11のポイント(ポイントのみ列挙)

本家ブログにも書いたことなのですが
こちらにも。

本家ブログ、コレね。
天体のアート☆Thalia 星のおもしろ草子☆


2009年1月6日、幸運と拡大の星木星が水瓶座に移動します。
2010年1月18日まで、木星は水瓶座にとどまります。

2009年木星の象徴する幸運や世の中のサイクルに乗るためには
水瓶座チックなことを意識するとよいのですね。

というわけで、2009年の流れに乗りたい方のために、主に水瓶座木星ということにフォーカスして11のポイントにまとめてみました。
水瓶座は牡羊座から数えて11番目のサインなので、11個にしてみました。


2009年 水瓶座木星の幸運の流れに乗る!11のポイント

01、空間的な価値観から開放されて、共時性と共鳴して生きる人になる

02、みんなと夢を共有する人になる

03、信念のある人になる

04、360度全方位外交できる人になる

05、自分なりのおつきあいリテラシーがある人になる

06、シンプルに持たない生活を実践する人になる

07、シェアできる人になる

08、ひとりを楽しめる人になる

09、夢に投資できる人になる

10、その意気やよし!だがしかし、その情熱は現実逃避ではないのかという自問自答も時には必要

11、メリハリをつけた生活のできる人になる
[PR]
by astrologer-thalia | 2009-01-08 13:54 | 天体模様