人気ブログランキング |

2009年の水星逆行

あっちのブログに過去に書いた文章を2009年用に手直ししてアップ。

新しい手帳はご用意されましたか?
気になる方は逆行の時期をチェックしておいてくださいね。


ちなみに
あっちのブログってこれです。

天体のアート☆Thalia 星のおもしろ草子☆

で。
水星逆行。
この言葉も一般的になってきたようで、占星術コラム以外の場所でもお見かけするようになりました。

水星逆行による影響がこんなに言われるということは
逆説的に言うと、現代人の生活がいかにアクシデントに弱いかということのあらわれかと思うのだけど。
最大効率のよさを追求するということはそういうことなんだね。

天文現象ですから、水星の逆行も毎年3回くらいはあるものなのです。


2009年の水星逆行データ

1月12日~2月1日 水星水瓶座・水星山羊座
(1月12日~1月21日 水星水瓶座 1月21日~2月1日 水星山羊座)

5月7日~5月31日 水星双子座・水星牡牛座
(5月7日~5月14日 水星双子座 5月14日~5月31日 水星牡牛座)

9月7日~9月29日 水星天秤座・水星乙女座
(9月7日~9月18日 水星天秤座 9月18日~9月29日 水星乙女座)

2009年12月26日~2010年1月16日 水星山羊座


2009年の1月、5月、9月の水星逆行は風のサインと土のサインの間で逆行が起こります。

風のサイン(双子座・天秤座・水瓶座)の間で逆行が発生している間は
知性やコミュニケーション、情報流通分野の行き違いなどに特に気をつけましょう。

土のサイン(牡牛座・乙女座・山羊座)の間で逆行が発生している間は
お金やモノ、仕事についての情報伝達や、計算間違い、見込み違いなどに特に気をつけましょう。


逆行とは、地球上のみかけの動きとして、通常の運行である「順行」」とは反対方向へ移動する現象のことをいいます。太陽と月以外の天体はすべて周期的に逆行します。

中でも、水星の逆行現象が一番有名。
水星が意味するもの=思考、情報、コミュニケーション、伝達、交通、通信関係、パソコンなどについて
スムースにゆかない、面倒なことに……
というイメージばかりが先行してしまってるのですが、使いようかも、です。


個人としてできる対応策

水星逆行に入る前に
パソコンのバックアップをやっておく

水星逆行に入ったら
時間に余裕見て行動する
新しい契約や大きなお買い物は慎重に又は水星が順行に戻ってからの方が無難


この時期を利用するという発想はないか?

逆行という動きは、過去をみるということ。
前に前に早く進みたい人にはアクシデントだけど、
見直したい人、深い意識を感じたい人にはチャンス。

水星逆行を利用して、過去の記憶の書き換え=おえかきで描き換えセラピーをされている方もいらっしゃいます。

COROE 遠藤洋子の日記。

水星逆行おえかきのご案内が出ています


インナーチャイルドセラピーや過去生回帰なども効果的かも。

自分の信念体系を書き換えるとかもアリか。

あるいは
水星逆行のよくある現象として
懐かしい方との意図しない再会があります。
それを逆用して、お久しぶりの方に連絡をとってみる。
これも楽しいイベントになるね。


2009年に発生する水星のエレメントにフォーカスしてみると

風のサインでの逆行の時期は
自分の思考パターンを見直すのによさそうです。
あるいは、情報を収集する手段のみなおし。

土のサインでの逆行の時期は
自分のお金やモノに対するパターンや思い込みを外すのに使えるかもしれません。
仕事のやり方のパターンを変えるとか。



そもそも、何で逆行という現象があるんだろう?
あくまで個人的な仮説なのですが、逆行とは、調整や安定化のためのシステムなのではなかろうか。
人間は、三次元的な肉体を持った存在であるので、意識としてはわかっていても、心と体が天体のリズムについてゆかない場面も多い。そこで、宇宙リズムとなじむために、定期的に天体が後戻りして、見直しして納得させている。

と、結構デンパなことを思いついてしまったのであるが、

参考のために
完全マスター西洋占星術 松村潔著 説話社
石塚隆一氏のコラム「逆行について」を読んでいて、そう思ったのである。

引用開始
見かけの動きは逆行していますが、それぞれの天体が太陽の周りを回る公転が逆方向に動くことはありません。つまり、地球上の出来事にとっては、後退するかのように見えるものでも、太陽系全体の視点から見れば必ず何らかの形で
精神的成長につながっているものなのです。
引用終了
by astrologer-thalia | 2008-12-04 21:01 | 天体模様
<< 月のサイクルでみる1月26日~... 月のサイクルでみる2008年1... >>